【妄想】巨大なイオンモール取手(仮称) 近隣に駅はできるのか?

そういう記事が多いんでカテゴリーに「妄想」を追加しました。

そのカテゴリーばっかりになるかもしれません。

「妄想」っていう言葉にはネガティブな印象を持つ人が圧倒的に多いと思いますが、俺の人生を決定づけたものからいただいている言葉なので俺は多用します。

ネガティブな方向に決定づけられたような気がしてなりませんが……

 

さて、本題。

取手市にできるらしい巨大なイオンモールがあります。

公的な資料がPDFしかなかったのでそれを貼っておきます。

https://www.city.toride.ibaraki.jp/koho/shise/kohokocho/backnumber/documents/hiko36-all.pdf

 

場所は取手駅周辺から少し藤代より。ちょっと昔に2車線終点だった酒詰やバイパスが分岐する小浮気からは取手よりです。

どうでもいいけど「小浮気」ってすごい地名だな。素直に「こうわき」って読むのだろうか?近くに「浮気」もあったりするんだろうか?

 

航空写真(Google Map)

6号線の北側南側両方がエリアで、北側は川、南側は常磐線が境界になるみたいです。

 

鉄道のすぐわきに巨大な商業施設ができるとなると、新駅も開業するのではないかと勘繰りたくなります。

しかし、俺の予想ではここには新駅作らないんじゃないかなぁと……

今回は夢がないタイプの妄想ですw

 

 

厄介すぎる場所なんですよね。

言うまでもなく。

言うまでもないことを書き連ねていきます。

取手っていうのは首都圏輸送で輸送上の区切りになってる駅の一つで、同列で語るなと言われそうだけど東北線高崎線系統でいうと大宮みたいな立ち位置です。

取手から先は一気に本数が減ります。

 

でまぁ、だったらここに折り返し駅を作って取手の機能を置き換えろという妄想もあるでしょうが、必ず座れるというメリットを取手駅が失うわけでしてなかなか難しいんじゃないかなぁと思ったりしてます。

 

で、ここまであえて触れてませんけど、まぁ厄介ですよね。厄介。

デッドセクションがあります。

駅を作ったとしたらここは直流エリアになりますね。そういう意味では常磐緑快速の直流用電車も入れるから厄介さは軽減されているともいえるけど、切り替え失敗に備えた設備とかどうするんだろうとかありますよねぇ。

 

いけいけの時代なら、常磐緩行線の複線を伸ばしてここを終点にするみたいな妄想もできたんですが、日本一もったいない複々線がコロナ騒ぎでさらにもったいないことになっているこの情勢で延伸なんてことは妄想すらできません。

 

仮に駅を作ったとしても交直両用車だけの駅となるとさほどインパクトはなさそうな気がするし……

駅間距離は長いから駅が有ってもおかしくはないんですけどね。

 

念のため言っておくと、この手のインフラ系妄想は当たることは狙ってません。妄想すること自体を楽しんでいるとご理解してください。